mh-net.com by 八千代病院 このサイトは 八千代病院(精神科) によって運営されています
八千代メンタルクリニック

精神科で使われる薬(向精神薬)の話

精神科で使われる薬というと、すぐに「精神安定剤」という言葉が頭に浮かぶと思います。
しかし実際には、以下の表のように、作用に応じて何種類かの薬があります。

精神科で使われる以下のような薬は「向精神薬」と呼ばれます
催眠薬(睡眠薬) 睡眠を引き起こす
抗精神病薬(強力精神安定薬) 1.不安・焦燥・興奮を鎮める 2.幻覚・妄想等の異常体験を軽減する
3.意欲をたかめる といった作用を持ち、いわゆる精神病に使われる
抗不安薬(精神安定薬) 不安感をとる
抗うつ薬 うつ状態を改善する
抗躁薬 躁状態を改善する
気分調整薬(気分安定薬) 気分の波を抑える
精神刺激薬(覚醒薬) 気分を持ち上げる
抗てんかん薬(抗けいれん薬) てんかんの発作を抑える
抗パーキンソン病薬 パーキンソン症状を和らげる
抗酒薬 アルコールの分解を妨げて、アルコール依存症の治療に用いられる
その他 痴呆症治療薬  痴呆症の治療に使われる
漢方薬  精神科領域でも様々な場合に使われることがあります


作用に応じて分類されているとはいえ、分類名通りの病気に使われるとは限らないことを覚えておいて下さい。
抗精神病薬が躁うつ病や神経症に使われたり、抗てんかん薬が躁うつ病に使われたりすることもあります。
夜尿症に抗うつ薬を使うこともあります。 
主治医の先生がどういう考えで使用しているかを確認することが大切です

薬全般の情報は以下のサイトも参考にしてください。
薬のガイド(医薬品・治療研究会による。患者用薬の説明書)
おくすり100番(個人の薬剤師による。一般向け、薬を調べられる)
発掘!やくやく大事典(専門家向けだが、見やすい。全文検索可)
くすりと病気に関する情報(北里大学医療衛生学部医療情報学 鶴田陽和先生による。Q & Aと医師・薬剤師向け情報)
医療用医薬品の添付文書情報医薬品医療機器情報提供ホームページ内。添付文書見られる。専門家向け)

いずれにせよ、自分ひとりで判断せず、医師にどんどん質問することが肝心です.


メール
お問合わせはこちら